Event

Cafe Oceanで映画を観よう! ザ・トゥルー・コスト

0102

Island Surfで映画の上映会を行います!

“食”のオーガニックについて考える方は増えているような気がしていますが、衣食住の“衣”のオーガニックについて考えている方は多くはないかもしれません。
オーガニックの反対側にあるのが、ファストファッションなどの大量生産大量消費だと感じています。
当日はオーガニックコットンを日本に初めて輸入された株式会社アバンティの渡邊智惠子さんの講演もあります。

 

映画を観て、渡邊智惠子さんの話を聞いて
“自然な服”についていっしょに考えてみませんか?

 

・日時
2017年3月19日(日)
午前の部
10:00~13:00(受付9:30~)
午後の部
13:30~16:30(受付13:00~)
夜の部
19:30~22:00(受付19:00~)

 

・定員
各部25名

 

・料金
午前・午後の部
事前申し込み 2200円
当日受け付け 2500円
事前、当日共に中学生以下 1200円
軽食の必要のない幼児 無料
軽食程度のピザ、ドリンクを用意しております。
午前・午後のみ、渡邊智惠子さんのお話があります。
雨天時はピザチケットをお渡しして解散となります。
夜の部
1800円
軽食なし
渡邊智惠子さんのお話はありません。午前・午後の部のお話のシェアの時間をご用意する予定です。

 

・持ち物
マイ箸、マイ皿、マイカップ
(ピザや温かいお飲み物を食べるときに使います)
クッション
(床に座っていただいての鑑賞になります。必要な方はお持ちください)

 

・申し込み先
イベントページに申し込みの参加ボタンを押しただけでは受け付けになりません。
Island Surfまで予約の電話をお願いいたします。
電話番号 0563-62-3033

 

・会場
Island surf
愛知県西尾市寺部町笠外186−36
イベント参加者は寺部の海水浴場への駐車をお願いいたします。
(Cafe Oceanを左手に、200mほど進みますと、左手にございます)

 

【ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~】

これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
ホームページ
http://unitedpeople.jp/truecost/

 

・渡邊智惠子
オーガニックコットンの輸入を行う“株式会社アバンティ”の代表。社会起業家。自社ブランド“プリスティン”ではオーガニックコットンを使った国内製縫の自然な服を販売。
プリスティン公式サイト
http://www.pristine.jp/
2016年から1年間のラジオ番組「22世紀に残すもの」では様々なゲストともに“22世紀に何を残したいか”を考え、メッセージを発信している。
渡邊智惠子オフィシャルサイト
http://chieko-watanabe.com/